矢田川


※河川事務所の公開資料より

矢田川のルーツ


※香住町誌、付録より。天保年代に元々作られたが、明治初期の調査で知られるようになった。

兵庫県北部、全長50Kmの川で、香美町を縦断する。兵庫県の屋根、氷ノ山そばにある赤倉山を源流とし、支流には、兎塚、作山、久須部、熊波などがある。古い時代、川は付け替えられ、現在の香住谷川と合流して一日市あたりから日本海へ注いだが、分離されて、矢田と七日市の間に海へ抜けることとなった。

香住駅の裏山は、元々、志馬比城で、川はいまの場所ではなく、すぐ南の姫路山との間に走っていた。矢田村の地番では、美の谷川があり、矢田村の裏手、山側から、美の谷へと流れ込む。間室と油良の間を川は流れており、古い時代も、同じく、現在の矢田川へ流れ込んでいたと思われ、支流の一つだった。

明治になり、香住も土地を調べることとなった。当時、香住では矢田川、長井は長井川、射添は射添川、小代は小代川と呼ばれており、統一した名前を付けることとなり、矢田川と相成ったと思われる。疑問としては、豊岡川は円山川というように、源流の名前が通常付けられるところ、下流側の名前が付いている。

矢田川は明治になって付けられたが、矢田の地名も追いかけると、付近には、矢田、矢谷、矢原(※)が香住海岸を囲むように点在している。(※矢原は、長井の八原とは別)

古い時代のことは、神社で確かめよう。香住区矢田のそばで神社を見ていくと、大山神社がある。元々は、唐田明神となっている。

(改稿中。現在の大山神社は、山を少し登った場所にあり、唐田明神と同じ場所と思われる。)

式内社も見ていくと、下浜には、法庭神社があり、元々は、乗場社と云う。舟の乗場という意味。主祭神は、建御雷神(タケミカヅチ)。建御雷神と経津主神はセットで語られることも多く、葦原中国平定では、建御雷神とともに経津主神が降ったと日本書紀にある。経津主神は、物部氏の祖とされることから、矢田部姓にも関連性が見いだせそうだ。

全国で見ると、矢田川は愛知県にもある。角川日本地名大辞典には、矢田川の「矢田」は、「山田」から省略されたものとされると、尾張国地名考から引用している。四日市市には、小山田という地名があり、付近には、矢田氏が栄えたのだとか。北勢四十八家の1つ、戦国時代の四日市市の小山田地域の城主と云う。

近畿、いわゆる三丹(但馬・丹波・丹後)の範囲で見ていくと、京丹後市の久美浜や峰山あたりに、矢田神社、矢田八幡神社が、また、与謝野町には、矢田部神社がある。矢田神社は、建田背命、矢田八幡神社は、建田背命の子、武諸隅命を祀っている。矢田部神社は、主祭神不明としつつ、矢田部氏が祀ったもの。

矢田部氏は、物部氏に連なる家系であり、蘇我氏との対立で消えてしまったが、古代史の謎とされ、神武天皇よりも前にヤマト入りをした饒速日命が祖先と伝わる天神系の神別氏族だ。建田背命は、丹波国造、但馬国造などの祖、ニニギの子孫だ。饒速日命とニニギは兄弟で、アメノオシホミミが父、アマテラスの系統になる。

ところで、矢田八幡神社に残る由来記によれば、「矢田者則八幡之中略也」と記してあるらしく、矢田の名から八幡(やはた)を連想したのかもしれない。香美町の矢田川沿いには、多くの八幡神社があることも結びつけたくなる。京丹後市には、湯舟坂古墳があり、香美町の湯舟川と同じような名前が見えている。


香美町遺跡分布地図(香住区)、抜粋。


T2、99号、2016/7、10頁。


T2、99号、2016/7、11頁。

矢田川の呼び名

少なくとも、小代の川は、小代川であると認識されていた可能性を指摘したい。


※大日本地名辭書、843頁。射添川の記述あり。


※大日本地名辞書上巻二版、吉田東伍著、明治40年(1907年)、842頁。


※但馬の牛・前田周助、和田傳「日本農人伝」巻三より(美方町)。

円山川


※大日本地名辭書、841頁。豊岡川の記述あり。

河川の基本

概要

清流矢田川、全長38Km、赤倉山が源流となる、香美町の川。流域界には、養父市や新温泉町も含む。矢田川を歩いた様子、瀬や淵を見る。

案内

すべての研究基盤に係る統括機能については、香美町観光資源研究基盤をご覧下さい。

参照

基本

構成